副作用

承認時までに実施された臨床試験において、662例中500(75.5%に副作用が認められました。主な副作用は結膜充血457(69.0%、結膜(アレルギー性結膜炎を含む71(10.7%、眼瞼(アレルギー性眼瞼炎を含む68(10.3%等でした(承認時)

副作用発現状況一覧
副作用発現状況一覧

(1)結膜充血

承認時までにグラナテックで最も多く認められた副作用は結膜充血でした。治験時に認められた結膜充血の多くは一過性で、点眼ごとに発現と消失を繰り返し、回復又は軽快しました。結膜充血はROCK阻害薬の薬理作用である血管平滑筋弛緩作用により発現すると考えられます。ただし、充血が長く持続する場合は注意が必要です。

結膜充血の重症度・発現パターン別集計
結膜充血の重症度・発現パターン別集計

充血のイメージ動画を掲載しています。

(2)眼瞼炎、結膜炎

長期投与試験において、眼瞼(アレルギー性を含む、結膜(アレルギー性を含むの頻度が増加する傾向が認められています。承認時までにみられた眼瞼炎、結膜炎の主な症状は眼瞼の発赤やかゆみなどでした。本剤投与中にこれらの所見がみられた場合は、グラナテックの休薬または中止を含めた適切な処置を行ってください。予防や増悪を防ぐため、正しい点眼方法をご指導いただきますようお願い致します。

眼瞼炎、結膜炎の発現状況 眼瞼炎、結膜炎の発現状況

ページトップへ

サイトトップへ

医療関係者の確認の頁

この医療関係者用ホームページでは、医療用医薬品を適正に使用していただくための情報を日本国内の医師及び薬剤師等の医療関係者の方々に提供しております。

日本国外の医療関係者及び一般の方に対する情報提供を目的として作成されたものではないことをご了承ください。

あなたは医療関係者ですか?

服用(使用)している医療用医薬品に関する疑問・質問などは治療に当たられている医師・歯科医師、または調剤されている薬局の薬剤師に必ずご相談下さい。

このサイトをご利用されるに当たっては下記の「当サイト閲覧上の注意」もご参照下さい。